暗号通貨:

109

取引所:

10

ウォレット:

109

時価総額:

$2,288,287,712,011

24時間取引量:

$32,432,948,449

プライベートキー

ソーシャルメディアで共有

暗号用語での プライベートキー の意味は何ですか?

ブロックチェーン技術と仮想通貨の文脈において、プライベートキーはデジタルウォレットの主要な構成要素として機能する、暗号コードまたはランダムに生成された文字列です。これは秘密情報であり、関連する仮想通貨資金へのアクセスと制御を提供します。

プライベートキーは特定のアルゴリズムを使用して導かれる公開鍵と数学的に関連しています。公開鍵はウォレットのアドレスを生成するために使用され、他の人と共有されて資金を受け取るために可視化されます。一方で、プライベートキーは機密情報であり、安全に保管される必要があります。プライベートキーは、ウォレットから発信されるデジタルトランザクションに署名するために使用されます。

ユーザーがウォレットから別のアドレスに仮想通貨を送信したい場合、彼らはプライベートキーを使用してデジタル署名を作成します。この署名はトランザクションの真正性を検証し、資金の所有権を証明します。対応する公開鍵を使用して誰でも署名を検証できます。プライベートキーはウォレット内の資金へのアクセスを許可するため、これを安全かつ保護された状態に保つことは極めて重要です。

プライベートキーが紛失、盗難、または侵害された場合、資金への未承認のアクセスや資産の潜在的な損失のリスクがあります。プライベートキーを安全に管理するためのさまざまな方法があります。

ハードウェアウォレットは、プライベートキーをオフラインで安全に生成および保存するために特別に設計された物理デバイスを好む人もいます。他の人は、プライベートキーを高度なセキュリティ手段を使用して暗号化し保護するソフトウェアウォレットやデジタルソリューションを選択することがあります。先述のように、プライベートキーが紙に印刷されてオフラインで保存される紙ウォレットも別の方法です。

重要なのは、プライベートキーの保護責任は個人またはウォレットの所有者にあります。プライベートキーの紛失の場合には中央の機関や復旧メカニズムが存在しないため、バックアップを作成しキー管理のベストプラクティスに従うことが重要です。

要約すると、プライベートキーはデジタルウォレット内の仮想通貨資金へのアクセスと制御を提供する秘密情報です。これは数学的に公開鍵と関連しており、トランザクションに署名し資金の所有権を証明するために使用されます。プライベートキーは機密情報であり、安全に保管する必要があります。ハードウェアウォレット、ソフトウェアウォレット、または紙ウォレットなど、プライベートキーを保管および管理するさまざまな方法があります。プライベートキーの保護は個人の責任であり、紛失したキーを復旧する中央の権限は存在しません。

この用語の定義が分かりやすかったですか?

はい

いいえ

他の暗号用語を探索

ポートフォリオトラッカー

ポートフォリオトラッカーは、個人または投資家が、投資ポートフォリオを中央集権的かつ整理された方法で監視および管理するのに役立つツールまたはソフトウェアアプリケーションです。

続きを読む

ポートフォリオ

ファイナンスおよび投資の文脈でのポートフォリオは、個人または法人が保有するさまざまな資産のコレクションまたは組み合わせを指します。

続きを読む

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、仮想通貨のオフラインストレージの一形態です。これは、仮想通貨ウォレットに関連する公開鍵と秘密鍵を物理的な紙や他の耐久性のある素材に生成して印刷するプロセスです。

続きを読む

ノーコイナー

「ノーコイナー」という用語は、仮想通貨コミュニティで使用される俗語で、仮想通貨を保有していない人を指します。

続きを読む

公開鍵

ブロックチェーン技術と暗号技術の文脈において、公開鍵はプライベートキーから導かれた暗号コードまたは文字列です。

続きを読む

PoS

PoS(Proof of Stake)は、ブロックチェーンネットワークでトランザクションを検証および確認し、参加者間で合意を得るために使用されるコンセンサスメカニズムです。

続きを読む

PoW

PoW(Proof of Work)は、ブロックチェーンネットワークでトランザクションを検証および確認し、ネットワークのセキュリティを維持し、参加者間で合意を得るために使用されるコンセンサスメカニズムです。

続きを読む

Sat

'Sat'は、暗号通貨の世界で一般的に使用される用語で、主要な分散型デジタル通貨であるBitcoinの最小単位を指します。

続きを読む