暗号通貨:

109

取引所:

10

ウォレット:

109

時価総額:

$2,195,842,102,027

24時間取引量:

$35,535,546,978

Satoshi Nakamoto

ソーシャルメディアで共有

暗号用語での Satoshi Nakamoto の意味は何ですか?

Satoshi Nakamotoは、Bitcoinの創造と開発を担当した擬似的な個人または個人のグループです。

Satoshi Nakamotoの真の身元は未だに不明であり、その名前が単一の個人を表しているのか、または集団を指しているのかははっきりしていません。Satoshi Nakamotoは、2008年に公開された「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」という白書でBitcoinを紹介しました。

その白書ではBitcoinの概念と原則が概説され、中央銀行や政府のような仲介者なしで動作する分散型デジタル通貨として説明されました。Satoshi Nakamotoの革新的な貢献は、Bitcoinの創造だけでなく、基盤となるブロックチェーン技術の開発にもあります。

ブロックチェーンは、すべてのBitcoin取引を記録する公共台帳として機能し、透明性、不変性、およびセキュリティを確保します。Satoshi Nakamotoの真の身元は謎のままですが、彼らの仕事は金融と技術の分野に深い影響を与えました。

Bitcoinはデジタル通貨の概念を革新し、後続の仮想通貨やブロックチェーンベースのアプリケーションの基盤となりました。Satoshi Nakamotoが擬似名を使用した決定は、プライバシーの保護、個人的な注目の回避、またはBitcoinの分散化が中央機関なしで繁栄することを可能にするための意図的な選択であったかもしれません。

Satoshi Nakamotoが2010年に公の視野から姿を消したことは、その身元に関する興味深い噂と憶測を生み出しました。 Satoshi Nakamotoの遺産はBitcoinの創造だけでなく、白書とその後のBitcoinソフトウェアのオープンソース開発が分散システムの設計図を提供し、多くの他の仮想通貨やブロックチェーンプロジェクトの開発をインスパイアしました。

Satoshi Nakamotoの提案したアイデアは、分散型ファイナンス、信頼性のないシステム、および従来の金融仲介者の潜在的な破壊への世界的な動きを引き起こしました。

要約すると、Satoshi NakamotoはBitcoinとその基盤であるブロックチェーン技術の創造と開発を担当した擬似的な個人または個人のグループです。彼らの2008年の白書は分散型デジタル通貨の概念を概説し、世界にBitcoinを紹介しました。Satoshi Nakamotoの真の身元にまつわる謎の一方で、彼らの仕事は仮想通貨とブロックチェーン技術の世界に深い影響を与え、後続の革新をインスパイアし、分散型ファイナンスの未来を形作っています。

この用語の定義が分かりやすかったですか?

はい

いいえ

他の暗号用語を探索

Satoshi

'Satoshi'は、仮想通貨コミュニティで一般的に使用される用語で、先駆的な分散型デジタル通貨であるBitcoinの最小単位を指します。

続きを読む

Sat

'Sat'は、暗号通貨の世界で一般的に使用される用語で、主要な分散型デジタル通貨であるBitcoinの最小単位を指します。

続きを読む

PoW

PoW(Proof of Work)は、ブロックチェーンネットワークでトランザクションを検証および確認し、ネットワークのセキュリティを維持し、参加者間で合意を得るために使用されるコンセンサスメカニズムです。

続きを読む

PoS

PoS(Proof of Stake)は、ブロックチェーンネットワークでトランザクションを検証および確認し、参加者間で合意を得るために使用されるコンセンサスメカニズムです。

続きを読む

Satoshin

暗号通貨の魅力的な世界には、[email protected]というメールアドレスで知られる謎めいた存在が存在しています。

続きを読む

シリング

暗号通貨市場の文脈では、「シリング」は特定の暗号通貨やトークンを宣伝または推奨し、他の人々に投資または購入を促す行為を指します。

続きを読む

シットコイン

暗号通貨の世界では、「シットコイン」はほとんど価値がないか、長期的な成功の見込みがないと考えられる暗号通貨を指す言葉です。

続きを読む

スマートコントラクト

スマートコントラクトは、契約条件が直接コードに書かれた自己実行型の契約です。

続きを読む