暗号通貨:

109

取引所:

10

ウォレット:

109

時価総額:

$2,290,485,003,511

24時間取引量:

$32,480,457,930

クジラ

ソーシャルメディアで共有

暗号用語での クジラ の意味は何ですか?

仮想通貨の文脈では、「クジラ」は多くの仮想通貨を保有している個人または法人を指します。クジラは通常、トークンの著しい所有権を持ち、これが価格や流動性に影響を与える能力によって特徴づけられます。クジラは大規模な資本を投資する能力があり、特定の仮想通貨の供給と需要のダイナミクスに影響を与える可能性があります。彼らの取引活動は顕著な価格変動を引き起こし、市場の波乱を生むことがあります。

「クジラ」という用語は、これらの個人または法人が大きく影響力があるというアナロジーから派生しており、それは海の中のクジラのサイズと影響力に類似しています。クジラは海の中で最も大きな生物の一部であるように、仮想通貨のクジラは特定の仮想通貨の総供給の相当な割合を保有しています。

クジラはさまざまな方法で市場に影響を与えることができます。例えば、クジラは大量の仮想通貨を売買することを選択するかもしれませんが、これは価格の変動を引き起こす可能性があります。彼らの行動は勢いを生み出し、他の市場参加者に影響を与え、連鎖的な効果を引き起こす可能性があります。クジラは市場に影響を与える可能性がありますが、すべての大口の仮想通貨保有者が必ずしも操作的または悪意のある活動に従事しているわけではないことに注意することが重要です。一部のクジラは、時間をかけて保有を蓄積した早期採用者または機関投資家かもしれません。

ただし、クジラの存在は市場操作への懸念を引き起こすことがあります。彼らの膨大な保有量は価格を操作し、人工的な需要や供給を作り出し、個人的な利益のために調整された取引戦略を実行するのに使用される可能性があります。これが規制措置と透明性の取り組みが市場操作を防ぎ、公正な取引慣行を確保するための理由です。

仮想通貨市場は分散型であり、クジラの行動が全体の方向や長期的な価値を単独で規定するものではありません。市場は基本的な発展、投資家の感情、技術の進歩、および広範な市場のトレンドの組み合わせに影響を受けます。

要約すると、仮想通貨の文脈でクジラは多くの仮想通貨を保有している個人または法人を指します。クジラはその膨大な保有量と価格や流動性への影響力により市場に影響を与える可能性があります。彼らの行動が市場の波乱を引き起こすことがありますが、大口の仮想通貨保有者すべてが操作的な活動に従事しているわけではありません。仮想通貨市場は様々な要因に影響を受け、クジラの行動だけがその方向や価値を単独で規定するものではありません。

この用語の定義が分かりやすかったですか?

はい

いいえ

他の暗号用語を探索

TPS

TPS、または「Transactions Per Second(秒間取引数)」は、特にブロックチェーンや仮想通貨技術の文脈で、システムの処理速度とスケーラビリティを測定するために使用される一般的なメトリックです。

続きを読む

総供給量

仮想通貨の「総供給量」とは、そのエコシステム内で存在するコインやトークンの最大数や数量を指します。

続きを読む

トゥー・ザ・ムーン

トゥー・ザ・ムーンは、通常、特定の仮想通貨の価格が急騰したり大幅な上昇を経験することに対するポジティブな感情や興奮を表現するために仮想通貨コミュニティでよく使用されるフレーズです。

続きを読む

ステーキング

ステーキングは、ブロックチェーンネットワークでトランザクションを検証し、保護するプロセスであり、同時に報酬を得るために使用されます。

続きを読む

ホワイトリスト

仮想通貨やブロックチェーンプロジェクトの文脈では、「ホワイトリスト」はプロジェクトのエコシステム内で特定の特権やアクセスを付与されたアドレスまたは個人のリストを指します。

続きを読む

ホワイトペーパー

仮想通貨とブロックチェーン技術の世界において、ホワイトペーパーは特定のプロジェクトや仮想通貨の詳細、ビジョン、技術、および潜在的な実装を概説した包括的な文書です。

続きを読む

弱い手

仮想通貨の世界では、「弱い手」という用語は、市場の変動に対する耐性が低いか、投資判断に確信がないと見なされる個人または投資家を指します。

続きを読む

ゼロコイン

ゼロコインは、ブロックチェーンネットワーク上で行われる取引の匿名性を向上させるために設計されたプライバシーに焦点を当てたプロトコルです。

続きを読む