暗号通貨:

109

取引所:

10

ウォレット:

109

時価総額:

$2,288,997,093,709

24時間取引量:

$32,426,372,987

ラップトークン

ソーシャルメディアで共有

暗号用語での ラップトークン の意味は何ですか?

ラップトークンは、それが表す資産のネイティブなブロックチェーンとは異なるブロックチェーン上で発行され、その資産の価値にペッグされた仮想通貨トークンの一種です。これにより、他のブロックチェーン(例: Ethereum)上で資産(Bitcoinなど)を表現でき、異なるブロックチェーンプラットフォーム間での相互運用性が向上します。たとえば、Wrapped Bitcoin (WBTC) は、Bitcoinを表すEthereumブロックチェーン上のラップトークンです。ラップトークンは、DeFi(分散型金融)アプリケーション、スマートコントラクト、およびネイティブの資産ブロックチェーンとは異なるブロックチェーン上での分散型取引所で他の仮想通貨の利用を可能にします。

この用語の定義が分かりやすかったですか?

はい

いいえ

他の暗号用語を探索

ウォレット

仮想通貨の文脈において、ウォレットはユーザーが仮想通貨を保存し、受け取り、送信するためのデジタルツールです。

続きを読む

トランザクション手数料

トランザクション手数料は、ブロックチェーンネットワーク上での仮想通貨トランザクションを行う際に発生する手数料です。

続きを読む

トークノミクス

トークノミクスは、「トークン」と「経済学」を組み合わせた用語で、ブロックチェーンベースのトークンを取り巻く経済モデルの研究を指します。

続きを読む

SegWit(セグリゲーテッド・ウィットネス)

SegWit、またはセグリゲーテッド・ウィットネスは、2017年8月にアクティブ化されたBitcoinプロトコルのアップグレードです。

続きを読む

2FA(二要素認証)

二要素認証(2FA)は、オンラインアカウントやサービスにアクセスするためにユーザーに2つの異なるタイプの識別情報を提供するセキュリティメカニズムです。

続きを読む

51%攻撃

51%攻撃は、分散型ブロックチェーンネットワークにおけるセキュリティリスクを指し、個々のマイナーやマイニングプールがネットワークのハッシュレートの50%以上を制御し、単独でブロックチェーンを操作できる状態を指します。

続きを読む

ハッシュレート

ハッシュレートは、仮想通貨の世界において重要なパラメータであり、マイナーまたはネットワーク全体が1秒間に実行できるハッシュ操作の数を表します。

続きを読む

ライトニングネットワーク

ライトニングネットワークは、ビットコインなどのブロックチェーンネットワークで迅速で低コストなトランザクションを実現するために設計された第2レイヤーのスケーリングソリューションです。

続きを読む