暗号通貨:

109

取引所:

10

ウォレット:

109

時価総額:

$2,296,619,657,076

24時間取引量:

$36,236,679,789

DEX

ソーシャルメディアで共有

暗号用語での DEX の意味は何ですか?

DEX(Decentralized Exchange)は、通常はブロックチェーン技術を利用した分散型ネットワーク上で動作する一種の仮想通貨取引所を指します。取引が仲介者を介さずにユーザー同士で直接行われる一方で、従来の中央集権型取引所はトランザクションを促進するために仲介者に依存しています。

DEXでは、取引プロセスはスマートコントラクトを介してユーザー間で直接行われ、スマートコントラクトは取引条件を自動化および強制します。スマートコントラクトは自己実行型の契約として機能し、資金の保管やトランザクションの仲介に中央機関が不要となります。代わりに、ブロックチェーンネットワークが取引の決済と検証を補助します。

DEXは中央集権型取引所に比べていくつかの利点を提供しています。

まず第一に、ユーザーは中央プラットフォームに預け入れることなく資金のコントロールを維持できるため、より高いプライバシーとセキュリティが確保されます。これにより、中央集権型取引所に関連するハッキングや盗難のリスクが低減します。

第二に、DEXはすべての取引がブロックチェーン上に記録され、誰でも監査できる透明性を促進します。この透明性は公正で信頼性のある取引環境を確保するのに役立ちます。第三に、DEXはユーザーがプライベートキーの所有権を保持し、取引プロセス全体で直接資金をコントロールできるようにすることで、ユーザーの自律性と財務の自由を向上させます。

ユーザーはアカウントを作成したり個人情報を提供したりする必要がなく、よりオープンで包括的な取引体験が可能です。DEXは異なる方法で動作することがあります。一部はオンチェーンのオーダーブックを活用し、買い注文と売り注文がブロックチェーン自体に記録されます。他のものはスケーラビリティを向上させ、トランザクションコストを削減するためにオフチェーンまたはレイヤー2のソリューションを使用し、それでもトレードをブロックチェーン上で決済します。

DEXの注目すべき特徴の一つは、異なる仮想通貨の取引をサポートしていることです。これには人気のあるトークンや新しく作成されたトークンや資産も含まれます。これにより、ユーザーはトークンセール、Initial Coin Offerings(ICOs)、またはユニークなデジタルアセットの取引に参加できる機会が広がります。DEXはセキュリティとプライバシーの向上などの利点を提供していますが、流動性の制限、ユーザーエクスペリエンス、規制に関する考慮事項などの課題にも直面しています。

さらに、ユーザーはDEXで取引する際には引き続き注意を払い、使用している特定のプラットフォームに関連するスマートコントラクトの条件や潜在的なリスクを理解する必要があります。

要するに、DEXは仮想通貨取引所で、仲介者を介さずに仮想通貨の直接取引を可能にする分散型ネットワーク上で動作します。DEXはプライバシー、セキュリティ、透明性、およびユーザーの自律性を促進します。スマートコントラクトを活用して取引を自動化し、強制化することで、ユーザーは取引プロセス全体で資金のコントロールを維持できます。DEXは中央集権型取引所に比べて利点を提供しますが、ユーザーは特定のプラットフォームの特徴を理解し、取引時には注意を払う必要があります。

この用語の定義が分かりやすかったですか?

はい

いいえ

他の暗号用語を探索

DeFI

DeFi(Decentralized Finance)は、ブロックチェーンやスマートコントラクトなどの分散型技術を使用して従来の金融システムとサービスを再現しようとする急速に成長している運動とエコシステムを指します。

続きを読む

dApp

DApp(Decentralized Application)は、通常はブロックチェーン上で動作する分散型ネットワーク上のアプリケーションを指します。

続きを読む

DAO

DAO、またはDecentralized Autonomous Organization(分散型自律組織)、はブロックチェーン上のスマートコントラクトを通じて運営され、その参加者によって中央の権威ではなく集団的に意思決定が行われる組織やエンティティを指します。

続きを読む

コンセンサス

ブロックチェーンなどの分散システムの文脈において、コンセンサスとは参加者間でトランザクションの妥当性やシステムの状態の変更の順序についての集団的な合意を指します。

続きを読む

Dividends

暗号空間では、配当は従来の株式と比較してあまり一般的には関連付けられていない概念です。

続きを読む

DYOR

DYORは「Do Your Own Research(自分で調査せよ)」の略で、仮想通貨コミュニティでよく使用されるフレーズで、投資や金融の決定を行う前に十分な調査とデューディリジェンスを行うよう個人に思い起こさせるものです。

続きを読む

取引所

財務の文脈では、取引所はさまざまな資産(仮想通貨、株、商品、または法定通貨など)を購入、売却、または取引できるプラットフォームや市場を指します。

続きを読む

法定通貨

法定通貨は、政府によって発行され、特定の国や地域内で取引のための法的な支払手段と見なされる通貨の一種です。

続きを読む