暗号通貨:

109

取引所:

10

ウォレット:

109

時価総額:

$2,300,343,954,327

24時間取引量:

$38,275,199,475

時価総額

ソーシャルメディアで共有

暗号用語での 時価総額 の意味は何ですか?

時価総額(しがいそうがく)、通称 'market cap' は、公開企業または仮想通貨の総価値や規模を測定するために使用される金融指標です。 現在の株価またはトークンの価格を発行済み株式またはトークンの総数で掛け算することによって計算されます。 公開企業の場合、時価総額は株式市場における企業の総価値を示します。 現在の株価と取引可能な株式数に基づいて市場が企業を評価したものです。

時価総額が高い企業は、一般的には投資家の視点でより大きく、より確立された、またはより価値のある企業と見なされます。 仮想通貨の場合も同様で、時価総額は現在のコインまたはトークンの価格を発行済みコインまたはトークンの総供給で掛け算して、仮想通貨の総価値の見積もりを提供します。

時価総額は市場における異なる仮想通貨の相対的な規模や人気を比較するための主要な指標として頻繁に使用されます。 通常、時価総額は大型、中型、小型などの異なるセグメントに分類されます。 これは企業または仮想通貨のサイズによって異なります。 大型企業または仮想通貨は時価総額が高く、より大きな市場プレゼンスと潜在的には安定性を示します。 逆に、小型企業または仮想通貨は時価総額が低く、成長の可能性は高いが、同時に不安定である可能性があります。

時価総額は市場の需要、投資家の感情、知覚される価値、市場のダイナミクスなど、さまざまな要因に影響されます。 個々の株式やトークンの価格の変動は企業または仮想通貨の全体的な時価総額に大きな影響を与える可能性があります。 時価総額は、投資家、アナリスト、研究者によって企業または仮想通貨の相対的なサイズと価値を評価するツールとして広く使用されています。 ただし、時価総額を他の基本的および技術的な分析ツールと組み合わせて情報を得て投資判断を行うことが重要です。

要するに、時価総額または 'market cap' は、公開企業または仮想通貨の総価値や規模を測定するために使用される金融指標です。 現在の株価またはトークンの価格を発行済み株式またはトークンの総数で掛け算して計算されます。 時価総額は市場における企業または仮想通貨の全体的な価値を示し、異なる実体の相対的な規模や人気を比較するために使用されます。 さまざまな要因の影響を受け、投資家やアナリストが投資機会や市場のトレンドを評価するためのツールとして機能します。

この用語の定義が分かりやすかったですか?

はい

いいえ

他の暗号用語を探索

Lambo

Lamboは、高級車ブランドLamborghiniに由来する、暗号通貨コミュニティでよく使われる用語です。

続きを読む

KYC

KYCは「顧客を知れ」を意味し、金融機関、事業、および組織が、顧客やクライアントの身元を確認するために従うプロセスです。

続きを読む

Interoperability

Interoperabilityは、異なるシステム、技術、またはネットワークがスムーズに通信し、データを交換し、効果的に連携して動作する能力を指します。

続きを読む

ICO

ICOはInitial Coin Offeringの略で、暗号通貨プロジェクトやスタートアップが資金を調達するために使用する方法を指します。

続きを読む

マスターノード

マスターノードは、ブロックチェーンネットワークの一種のノードであり、通常のトランザクション検証とブロック検証以外の専門的な機能を果たします。

続きを読む

最大供給量

最大供給量は、特定の仮想通貨やトークンの、市場に作成または提供されるであろう総数または最大数量を指します。

続きを読む

マイナー

仮想通貨マイニングの文脈において、マイナーとは、ブロックチェーンネットワークに新しいブロックを検証および追加するために必要な計算タスクを実行するための専門のハードウェアデバイスを指します。

続きを読む

マイニング

ブロックチェーン技術の文脈においてマイニングとは、新しいトランザクションを検証し、ブロックチェーンネットワークに追加するプロセスを指します。

続きを読む