暗号通貨:

109

取引所:

10

ウォレット:

109

時価総額:

$2,284,707,450,059

24時間取引量:

$34,723,894,181

Sat

ソーシャルメディアで共有

暗号用語での Sat の意味は何ですか?

'Sat'は、暗号通貨の世界で一般的に使用される用語で、主要な分散型デジタル通貨であるBitcoinの最小単位を指します。これはBitcoinの擬似的な創造者であるSatoshi Nakamotoにちなんで名付けられた 'satoshi' の略です。

Bitcoinはより小さい単位に分割でき、1 Bitcoinは1億のサトシに分割できます。言い換えれば、各Bitcoinは1億の個々の単位で構成され、各単位は1サトシを表します。サトシはBitcoinにおいてセントが米ドルに対するように、またペニーが英ポンドに対するように、通貨全体の一部です。

サトシの使用により、マイクロトランザクションが可能となり、より小さな額での取引が柔軟に行えます。Bitcoinの価値は供給が限られており需要が高いため、特に価格が大幅に変動する場合、サトシを基本単位として使用することで最小額の取引を容易にします。例えば、Bitcoinの価格が$50,000の場合、1サトシは$0.0005となります。これにより、Bitcoinエコシステム内での小額の購入、送金、またはマイクロトランザクションがよりアクセス可能かつ精密に行えます。

サトシの使用はBitcoinや他の暗号通貨の拡張性の潜在能力も示しています。Bitcoinの価格が上昇または下降した場合、サトシの価値は比例して調整されます。したがって、Bitcoin全体の価格に関係なく、サトシは相対的な価値を保持する分割可能な単位です。

サトシを使用することで、個人や企業は小額のBitcoinで取引でき、Bitcoinエコシステム内での円滑な支払いを促進し、普及を助けることができます。

要約すると、'sat'はBitcoinの最小単位である 'satoshi' の略語です。これはBitcoinの1億分の1を表し、Bitcoinエコシステム内でのマイクロトランザクションや正確な価値の転送を可能にします。サトシの使用はBitcoinの拡張性と分割性を強調し、最小額の取引ができるようにします。

この用語の定義が分かりやすかったですか?

はい

いいえ

他の暗号用語を探索

PoW

PoW(Proof of Work)は、ブロックチェーンネットワークでトランザクションを検証および確認し、ネットワークのセキュリティを維持し、参加者間で合意を得るために使用されるコンセンサスメカニズムです。

続きを読む

PoS

PoS(Proof of Stake)は、ブロックチェーンネットワークでトランザクションを検証および確認し、参加者間で合意を得るために使用されるコンセンサスメカニズムです。

続きを読む

公開鍵

ブロックチェーン技術と暗号技術の文脈において、公開鍵はプライベートキーから導かれた暗号コードまたは文字列です。

続きを読む

プライベートキー

ブロックチェーン技術と仮想通貨の文脈において、プライベートキーはデジタルウォレットの主要な構成要素として機能する、暗号コードまたはランダムに生成された文字列です。

続きを読む

Satoshi

'Satoshi'は、仮想通貨コミュニティで一般的に使用される用語で、先駆的な分散型デジタル通貨であるBitcoinの最小単位を指します。

続きを読む

Satoshi Nakamoto

Satoshi Nakamotoは、Bitcoinの創造と開発を担当した擬似的な個人または個人のグループです。これは、先駆的な分散型暗号通貨です。

続きを読む

Satoshin

暗号通貨の魅力的な世界には、[email protected]というメールアドレスで知られる謎めいた存在が存在しています。

続きを読む

シリング

暗号通貨市場の文脈では、「シリング」は特定の暗号通貨やトークンを宣伝または推奨し、他の人々に投資または購入を促す行為を指します。

続きを読む