暗号通貨:

109

取引所:

10

ウォレット:

109

時価総額:

$2,304,815,377,261

24時間取引量:

$33,762,585,980

Satoshin

ソーシャルメディアで共有

暗号用語での Satoshin の意味は何ですか?

暗号通貨の魅力的な世界には、[email protected]というメールアドレスで知られる謎めいた存在が存在しています。

この匿名のエンティティは、Bitcoinの創造者とされる同じ人物であり、暗号通貨の初期の開発において重要な役割を果たしました。この個人の真の身元は謎のままですが、その影響力と才能は広く認識されています。

[email protected]というメールアドレスは、この影のような存在と暗号通貨コミュニティのいくつかの著名な人物との間でのコミュニケーション手段として機能しました。初期の暗号学のパイオニアであるHal Finney、Bitcoinの開発を引き継いだGavin Andresen、技術力で知られるMike Hearn、有名なBitcoin Pizzaトランザクションに関連するLaszlo Hanec、そして著名な暗号学者であるWei Daiなどが、[email protected]とアイデア、洞察、ビジョンを交換しました。

このメールアドレスの背後にある[email protected]には、金融の景色を再構築する知識と画期的なコンセプトがありました。分散型通貨、暗号技術、およびブロックチェーン技術の革命的な可能性に関するアイデアは、この手段を通じて共有および議論されました。

[email protected]とのやり取りは、Bitcoinの発展と成長の触媒となり、従来の金融システムを超える分散型デジタル通貨の出現の道を切り開きました。

[email protected]の洞察に富んだ議論、技術的な貢献、およびビジョンの展望は、これらの対話で見られるように、暗号通貨の将来を形作る関係者にとっての指導的な光でした。

[email protected]の真の身元は未だに謎に包まれていますが、彼らの暗号通貨の世界への影響は否定できません。彼らのビジョンと才能は、既存の金融の枠組みに挑戦し、分散型技術の力を世界に紹介した画期的なシステムの創造につながりました。

さて、[email protected]は単なるメールアドレスだけでなく、個々の才能と協力の集合体の変革的な可能性の象徴でもあります。

[email protected]の遺産は、暗号通貨の継続的な進化、ブロックチェーン技術のますます広まる採用、および分散型金融システムの追求の中で生き続けています。

暗号通貨と分散型ファイナンスの未来に広がる広大な可能性を探求する中で、[email protected]の膨大な貢献と深い影響を反映しましょう。

この用語の定義が分かりやすかったですか?

はい

いいえ

他の暗号用語を探索

Satoshi Nakamoto

Satoshi Nakamotoは、Bitcoinの創造と開発を担当した擬似的な個人または個人のグループです。これは、先駆的な分散型暗号通貨です。

続きを読む

Satoshi

'Satoshi'は、仮想通貨コミュニティで一般的に使用される用語で、先駆的な分散型デジタル通貨であるBitcoinの最小単位を指します。

続きを読む

Sat

'Sat'は、暗号通貨の世界で一般的に使用される用語で、主要な分散型デジタル通貨であるBitcoinの最小単位を指します。

続きを読む

PoW

PoW(Proof of Work)は、ブロックチェーンネットワークでトランザクションを検証および確認し、ネットワークのセキュリティを維持し、参加者間で合意を得るために使用されるコンセンサスメカニズムです。

続きを読む

シリング

暗号通貨市場の文脈では、「シリング」は特定の暗号通貨やトークンを宣伝または推奨し、他の人々に投資または購入を促す行為を指します。

続きを読む

シットコイン

暗号通貨の世界では、「シットコイン」はほとんど価値がないか、長期的な成功の見込みがないと考えられる暗号通貨を指す言葉です。

続きを読む

スマートコントラクト

スマートコントラクトは、契約条件が直接コードに書かれた自己実行型の契約です。

続きを読む

ステーブルコイン

ステーブルコインは、その価値を安定した資産または複数の資産にペッグし、価格の変動を最小限に抑えるように設計された暗号通貨の一種です。

続きを読む